交流会の共催団体募集情報

平成30年度福島県県外避難者帰還・生活再建支援補助金の募集要領3(1)ウにより開催予定の交流会のうち、共催団体を募集している交流会の情報を掲載いたします。

 

本ページは、他団体との交流会共同開催のマッチングにご活用いただけます。

交流会の共催について

平成30年度福島県県外避難者帰還・生活再建支援補助金の採択事業において募集要領3(1)ウの事業(※)をおこなう場合、交流会1回当たり県外避難者10人以上の参加が必要です。

 

交流会の開催に当たっては、他の避難者支援団体又は他の本補助金申請団体と共同で開催することも差し支えはなく、その場合は当該交流会に参加する県外避難者の合計が10人以上となれば構いません(必ずしも1団体において参加する県外避難者が10人以上となる必要はありません)。

 

実際に交流会を共催で実施するに当たっては、本ページ下部に記載している交流会を共催する場合の注意点を確認してください。

(※)県外避難者の避難元でのコミュニティ形成、強化等を目的とし、福島県内で開催する福島県民(帰還者を含む)、福島県内の多様な社会資源、避難者支援団体等との交流会の開催

なお、交流会については、県外避難者の帰還や生活再建に結びつく支援活動に対して支援するという補助金の性質上、効率的・効果的なものとする必要があることから、1回の交流会について10人以上の県外避難者が参加することを必須とします。また、旅費については、帰還者への支援状況等を始めとした県内の実情(住宅、雇用、地域コミュニティ、学校、子育て、帰還者の生活、支援団体等の状況)を県外避難者が確認し、帰還の判断材料としていただくために補助対象としていることから、単なる帰省目的の旅行の旅費については補助対象とは認められません。

共催団体を募集中の交流会

現在共催団体を募集している交流会は下記のとおりです。

共催を希望する交流会がある場合は、実施団体名、担当者名を確認し、実施団体に直接ご連絡ください

  • 実際に交流会を共催で実施するに当たっては、本ページ下部に記載している交流会を共催する場合の注意点を確認してください。

共催団体募集情報の掲載について

平成30年度福島県県外避難者帰還・生活再建支援補助金の募集要領3(1)ウにより開催予定の交流会のうち、県外避難者の参加者数が10人に満たないことが予想され、他団体との共同開催を検討している交流会がある場合、本ページに情報を掲載することができます。

  • お寄せいただいた情報は、事務局にて内容を確認後、本ページに掲載いたします。
  • 投稿された情報は事務局にて一部修正させていただく場合がありますので、あらかじめ御了承下さい。
  • 掲載した交流会については、共催を希望する団体から掲載団体へ直接連絡されますので、団体間で共催の調整をおこなってください。

交流会を共催する場合の注意点

  • 当該団体との調整を十分に行い、相互の役割分担を明確にするとともに、会計処理(経費分担)を厳格に行ってください
  • 採択決定後に共同開催を計画するに当たり、申請時の計画と事業内容が変更になる場合は、変更申請書を提出し、承認を受ける必要があります。事業計画の変更を伴う場合は、事前に事務局までご相談ください。
  • 本交流会(福島県県外避難者帰還・生活再建支援補助金の募集要領3(1)ウの事業)の実施に当たっては、特に経費上限額を次のとおり規定しています。
交流会開催経費 1回当たり100万円
県外避難者が交流会に参加するための旅費 1人につき1回当たり8万円